易学とは

易学とは、周易または、易占いを研究する学問のこと。

易の原理では、宇宙の始まりには陰と陽はなく、もともと一つであり、何もなかったと考えます。それが陰と陽に分裂し、六十四卦に分裂したと考えます。

その六十四のパターンを構成する八卦×八卦の八卦にはそれぞれ意味があり、それぞれを組み合わせて現れる六十四の卦から答えを導きます。

しかし、その答えは占う人の解釈によって変わってくるため、占い師の腕によって当たるかどうかが大きく左右されます。

易学あや:ネオン看板?

「関心空間」の易学あやに関するコメント。

KBS京都の易学あやの開運占いという番組についてのこれまた鋭い突っ込み。
コメントも秀逸。北山通のビルに「易学あや」ってネオンの看板が出ているらしい。

http://www.kanshin.com/keyword/249478/comment

易学あや:占い論

平成徒然草(おもしろエッセイ) というサイトの平成15年8月の記事。

葉月九日(土) 「占い論」というところに、易学あや先生のすごさが掲載されている。

KBS京都での易学あや先生は、ズバズバと生放送で運勢を言い切る…それが外れていても…。外れているのではなく、相談者が気づいていないだけ…だそうです。

http://www.123456789.to/turezure_2003_08.html

易学あや:声と実物のギャップ

「こざっぱりさしたよ」という個人サイト。

日記のページの1999年4月7日の内容に易学あやについての記載があります。ラジオが趣味という筆者が、KBS京都というラジオ局で「山崎ひろしの満員御礼」という番組に毎日レギュラーとして出演している占い師の「易学あや先生」について、ラジオの声と実物のギャップについて語られています。

http://www.geocities.co.jp/Colosseum/8742/niki3.html

易学あや:当たるね~

jugemの個人ブログ「EMERON」というサイトの記事。

2006年10月に易学あやに行って占ってもらった時の様子をレポートしています。

ズバリ、当たるね~というのが驚きの感想。友達も当たっていたそうです。

http://emeron.jugem.jp/?eid=44